交通事故の依頼の流れ

相談する際に準備した方がよいもの

相手方の保険会社と示談交渉する際に必要なものを事前にご準備ください。

準備したほうがよいもの

  • 事故証明証(必須)
  • 任意保険会社の連絡先
  • 通院先の病院

依頼から解決までの流れ

1 交通事故の電話連絡

交通事故に遭ってしまったら、電話ができるようになった時点で、真っ先に弁護士に電話をください。今後の対応をアドバイスさせていただきます。

 

2 事故証明書の取得

警察を通して、事故証明書を発行してもらいましょう。事故証明書は必ずもらいましょう。 同時に、任意保険会社、通院先の病院などもわかるようにしておきます。

 

3 治療のための通院

交通事故で負ったケガを治療するため、通院をします。治療が完了した時点で通院打ち切りとなり、相手方の保険会社と示談交渉が始まります。
通院しても症状が完治しない場合は、治らない状態で症状固定され、医院で診断書を書いてもらいます。
治療期間の限度は、通常のところ半年間です。しかし、それ以降も納得できるまで治療を続けられるよう弁護士が交渉します。
依頼者様が入院している場合は、弁護士が病院まで面談に伺います。

 

4 後遺症害等級認定の申し立て(被害者請求)

後遺症が残った場合は、相手側の自賠責保険会社に、後遺症害等級認定の申し立て(被害者請求)を送ります。
後遺障害は、障害の程度によって第1級から第14級までの等級に格付けされます。
後遺症害の認定には、医師の診断書が必須です。少しでも高い等級で認定されるよう、検査法の再検討など、専門家サイドからさまざまなご提案をいたします。

 

5 示談・訴訟

後遺障害の認定が取れた場合は、相手方の保険会社示談交渉を開始します。その内容に納得がいかない場合は、訴訟となります。

 

6 精算

示談や訴訟により、案件が終結した時点で、精算となります。
弁護士費用は、任意保険に「弁護士費用特約」が付いていれば、まず心配ありません。