弁護士ブログ

2015.06.18更新

前回の続きです。

むち打ち症で後遺症として、後遺障害の等級認定を獲得するための神経症状の検査について。

6 スパーリングテスト

 スパーリングテストは、頸椎の間から出ている神経根について神経根障害が出ているか調べる神学的テストです。

まったく機械を使わない手技による検査で、患者の訴えをもとに検査するため、客観性は強くありません。

具体的には、顔を上にあげて頭を後ろにそらした状態で、お医者さんが右や左に頭を傾けることで神経根の出口を狭めます。

このとき、神経根が圧迫されれば、肩・腕・手などに痺れや痛みが生じますので、そのような症状を患者が訴えるかを検査します。

患者が症状を訴えれば陽性、そうでなければ陰性となります。

7 ジャクソンテスト

これも、スパーリングテストと同様、お医者さんの手技による検査です。

座った状態で顔を上にあげて、頭を後ろにそらせた状態で、なおお医者さんが頭を上から下に押し付けます。

このとき、神経根が圧迫されて、肩・腕・手などに痺れや痛みが生じるかチェックする検査です。

 

前述したスパーリングテストとジャクソンテストは、一般的にセットで行われます。

前回までに紹介した検査と比較すると客観性は弱いですが、MRIなどの画像に出ない場合に

神経障害があるかチェックする上で重要な検査になります。

 

8 徒手筋力検査(MMT)

神経障害があると、その神経が支配している筋力が低下します。この筋力低下を右上肢・左上肢の筋力を比べることで、神経障害の有無を調べるテストです。

これもお医者さんの手技による検査のため、検査者によって区々になる可能性があり客観性は強くありません。

以下の通り、0~5段階で筋力低下を評価します。

     5:nomal  強い抵抗を加えても動かせる

     4:Good   抵抗を加えても動かせる

     3:Fair     抵抗も加えず、重力に抗して動かせる  

     2:Poor    重力もなしにすれば動かせる

     1:Trace  筋収縮はあるが動かせない

     0:Zero   筋収縮さえない

 

以上述べてきた検査が、交通事故によって、むち打ち(頸椎捻挫・頸堆椎間板ヘルニア・外傷性頸部症候群)を後遺症として認定してもらうには必要になります。

投稿者: 名古屋大光法律事務所