自動車保険について

法律の専門家から見る保険のかけ方

自賠責保険は、交通事故による被害者救済のため、すべての自動車に加入が義務付けられている保険です。
しかし自賠責保険だけでは、交通事故を起こしてしまった場合の賠償額をカバーできない可能性があります。交通事故の賠償請求は、たとえ自己破産しても免責されません。当事者が死亡しても、遺族が相続しなければいけません。

また、加入している保険内容は、刑事事件になった場合の量刑にも影響します。
以上の理由で、自動車を運転する人は、任意保険にも必ず加入しましょう。

自分の保険をチェックするポイント

限度額は「無制限」に

自動車を運転する人は、義務付けられている自賠責保険に加えて、任意保険に加入することをお勧めします。
しかし、加入している保険に限度額があると、万が一のときに賠償額がそれを上回ってしまう可能性があります。そのため、限度額は「無制限」にすることをお勧めします。

「搭乗者傷害保険」「弁護士費用特約」をお忘れなく

加入内容は「対人(対人賠償保険)」「対物(対物賠償保険)」はもちろん、「搭乗者(搭乗者傷害保険)」にも加入をお勧めします。

近年、インターネットで手軽に加入できる「ネット保険」が普及しています。ネット上での保険契約の場合、シミュレーションしていくうちに料金が加算されるので、「対人」「対物」は加入しても、「搭乗者」の契約を怠るケースがあります。事故が起きた際に重要な保険契約となるので、できれば加入しましょう。
また、「弁護士費用特約」がオプションになっている場合、絶対に加入しておくことをお勧めします。